雑記

「舞台けものフレンズ」とこれからのお話と、ほんの少し苦言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どもども、やぎこです。最近年甲斐も無く体が悲鳴上げててガチでヤバいです。うーんヤバい(適当)

さてさて。
本日は……まあ一応ご報告っていうかですね、方針転換的なお話をばひとつ。
この度、「けものフレンズ」というIPに関するファン活動の一切を無期限停止することと致しました。

理由は2つあります。1つきっかけになった理由と、もう1つここまで自分を踏み切らせた理由。
前者に関しては……Twitterご覧になってる方はご存知かもしれませんが、言ってしまえば自分が思いっきり害悪となってたので自戒の念を込めて、って感じです。
某舞台において、散々「テメーら舞台のマナーも知らねえのかよwwwww小学生か!wwwww」とか言っておきながらフツーに自分がマナー違反やらかしてたっていうオチでして。舞台の内容めちゃくちゃ事細かにメモってました、はい。思いっきりマナー違反……というかその前に人間としてどうかしてるだろってアレです。
文字で書いても伝わらないとは思いますが、結構めちゃくちゃ反省してます。ホントすみませんでした。

……ええと、その、まあ、はい。
ということで、立つ鳥跡を濁さず的な意味も込めまして、界隈の自浄作用を自ら働かせに行ったわけでございます。えらいえらい()

……いやなんかもう、重ね重ねホントすみません。これからは言を慎むように気を付けます。

で、後者のほうの理由は、ちょっとばかしフクザツっていうかなんというか……って話。
いや、別に自分がやらかしたからって後付けで理由考えたとかそういうわけじゃないです。断じて違う……はず()
前々から折を見つつTwitter等でも一応は言って来ましたが、端的に言うと「けもフレ最近暴走しすぎじゃね?」という感覚がずーっと僕の中でモヤモヤとたゆたってて、それがついにパンクしたというか、爆発してしまった感じでして。

……ホントなら、こういう話も含めて舞台終わった後に「だからこうしていこうよ~」みたいな提言をしようと思ってて、ちょっとその取材……っていうか参考にしようと思ってメモ取ってた部分もあったんですが(悪質な言い訳)。
気付けば完全に自分が悪へと染まっていました。つらいのだ……。

閑話休題。ちょこっと詳細を述べさせてもらいます。
ずっと以前から、それこそ「舞台けものフレンズ」が始まるというアナウンスがあった当初から、僕自身「舞台けものフレンズってどういうこっちゃ」と思ってた部分がありました。
言わずもがな、今回のキャスト陣、特に主要メンバーの方々なんかは役者さんを専門としてない面々ばかりじゃないですか。
それ見て、僕は思ったわけです。
「いやいやいや、アンタら声優でしょ?」と。

声優さんって、まあ言ってしまえば「声のプロ」なわけじゃないですか。声を売り物として生計を立てていらっしゃる方々なわけですから。
なのに、メチャクチャ過酷なトレーニングをわざわざ積んで、もしかしたら喉が使い物にならなくなるかもしれないというリスクを背負ってまで「舞台」をやる必要って……あったのでしょうか?
もっと言ってしまえば、それって専門の役者さんに任せたほうが良くなかった? とも思います。
そして舞台を観劇した今でも、基本的にその気持ちは変わっていません。

実際、今回の「舞台けものフレンズ」って、あれは舞台って言うよりは……誤解を恐れずに言えば、「学芸会」に近いものだと思いました。
みんなが大好きな声優さんを起用して、時にはアドリブを利用して「キャラクター」を演じさせて、ファンを喜ばせるだけのもの。
演劇のプロが送る、迫真の演技に呼び起こされる感動じゃなくて、学芸会で自らの娘息子の晴れ姿を見て涙ぐんでしまうような、そういう類の感動を自分は感じました。
もしかしたら、アレはどっちかって言うと、ライブって言った方が近いのかもしれません。

もちろん、「いやいやいや!」という声もよく分かります。僕自身、正直言ってかなり感動しましたし。
特に、初演→再演の成長ぶりには目を見張る物があったと思います。

でも、うーん、少なくとも、あれを舞台って言うのは…………なんだか、本業の俳優さん方にとっても失礼な気がしました。

あっ、だからって言ってですね、別に私がこういう取り組みに全く否定的かっていうと、特にそういうんじゃなくて。
むしろ、一生懸命声優さんとの二足のわらじを履いて頑張っている出演者の方々の姿は、掛け値なしでとても素敵だと思いました。何よりかわいかったし(ここ重要)

私が言及したいのは、そういう表舞台に立ってる方々……っていうよりも、どっちかっていうと裏方の、KFPのほうだったりするんです。
だって別の視点から見れば、そういうひたむきな声優さんに対して「売れさせてやったんだから」みたいな断りきれない雰囲気チラつかせつつ、ムリに本業以外の仕事押し付けてるだけじゃないですか。自分のお仕事でそういうことされたら、普通にイヤじゃありません?

まあ、その延長線上で言うと「主題歌歌ってるのはどうなんだ」とか「ラジオはどうだ」みたいな話にもなってくるんですけども、ね……。
それにしても、芝居を演じるって身体的な疲労や頭のリソースを多分に消費するわけであって、でもって体を壊す危険すらあるわけで。なんだかなぁって思ったわけでございます。

でもって、ついでにもう1つ。
それ以上に責められるべきなのって、私たちファンなんじゃないか?って思ってます。
「けものフレンズ」という、ある意味放任主義な世界観に身を任せすぎた結果として、こういうことになってるんじゃないか?とも。
たつき監督騒動とか、もうその極致たるものじゃないですか。口悪く言えば、明らかに民度低すぎでしょ。もっと理性的に考えろや。
……まあ、ブーメランとか言われたらそれまでですが。

そしてそれは、今回の舞台にしろそうでして。
私たちファンは、声優さんという「声のプロフェッショナル」が常にベストコンディションでいられるよう、こういった取り組みは排除すべきだったんじゃないでしょうか?
某燃えるうんたら運動じゃないですけど、そういう運動する体力があるならこっちにも目を向けるべきだったのではないでしょうか?
なんで何もそういうこと考えず、のんきに「ひかるぼー」振ってるんです?
…………まあ、ブーメランとか言われたら(以下略)

と、いうことで。
以上が僕の意見の2割くらいです。あと8割に関しては上手く言葉に表せないので、そっと胸の中に仕舞っておくことにしました。
拙い文章なんで何も伝わってないかもしれませんけど、僕は今の「けものフレンズ」を取り巻く環境について、今後もこういった「悪ノリ」が続いてしまうのではないかと思ってます。こんなんじゃ、持ってあと数年のコンテンツだなぁ……とも。

そして、僕は……これも誤解を恐れずに言わせて貰いますが、はっきり言うと「もうついていけない」という域にまで来てしまいました。ということで、一抜けさせて頂きますね。
ルール違反しといて何を偉そうに、とも思われるかもしれませんが。これで「けもフレ」に言及するのは最後の予定なので、何卒お許しを……。
いやー、夏コミのネタが無くなってしまった()

とまあ、つらつらとマジモノのまとまりない話をイロイロ述べて参りましたが、最後にひとつだけ。
それでもやっぱり、僕は「けものフレンズ」が大好きです。…………いや、大好きでした。
それじゃあこれからどうかって言うと……もう少し、時間を置いてからまた考えたいと思います。

この度は皆様にご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。そして、本当にありがとうございました。

締めとして、供養ついでにメモを元としたツイート群を載せておきます。
何かの際に皆様のお役に立てるようでしたら何よりでございます。

ほな、また……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)