雑記

そこの「舞台けもフレ2」見た人に捧ぐ、けもフレにとっつく手順書的なナニカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めっちゃ久々にこのブログ書いてます、やぎこです。ちょっと仕事のほうでベリーロングな文章を作ることが増えてて、片手間でまた文章書くってのがキツくなっててですね……()あ、そういや冬コミ受かったんでどこかでまた告知します。

……はい、それじゃさっそく本題へ。きっとこの記事を読んで下さってる方は舞台けもフレを観劇して頂けた方だと思うんですが。そんな皆さんにお聞きしようと思います。

舞台けものフレンズ、けっこう良くないですか?????

はい、良かったですよね(断定)。いやまあ、いいんですよ、けものフレンズ。

てことで(唐突)、今回はそんなあなたのために、けものフレンズの良さみの深みをお伝えしつつ、「やぎこ流・けもフレファンになる手順書」を伝授したいと思います。

……と、言うのも。今回、乃木坂46からギンギツネ役およびキタキツネ役として鈴木絢音さんと佐々木琴子さんが出演して下さってることもあり、(肌感覚ではありますが)舞台けもフレに乃木坂ファンの方がいらして下さってることもままあるように感じました。

そして今回(というかつい昨日)、ぼく自身も2回目となる舞台けもフレ2の観劇をして参りまして。そこでお隣さんになった、乃木坂ファンの方とお話しすることが出来たワケです。

と、そんなとき、その方がポロっと零した言葉。

「けものフレンズ、いろいろありすぎて何から見ていいのか分からないんですよね」

……ハッ( ゚д゚)!!

…………ということで、ふとナニカが降りてきてこんな駄文を(オタク特有の早口で)綴らせて頂いてます。この文章を読んで下さった方が1人でもフレンズになってくれたら嬉しいもんですね、なんて。

あ、ちなみに僕は乃木坂曲だと「きっかけ」とか「今、話したい誰かがいる」とか、あとソロ曲だけど「光合成希望」とか好きです。それぞれの椅子買ったのがバレてしまうラインナップ。

作品概要

そしたらまず、すごいざっくりけものフレンズの概要を説明します。以下、けものフレンズ公式HPより引用。

この世界のどこかに造られた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。
そこには世界中の動物が集められ、研究・飼育が行われていました。

ところがある日、神秘の物質「サンドスター」の影響で、
動物たちが次々とヒトの姿をした「アニマルガール」へと変身!
いつしか彼女たちは“フレンズ”と呼ばれるようになり、
ジャパリパークの新たな主として、にぎやかに暮らすようになりました。

しかしジャパリパークにはフレンズの登場とほぼ同時期に
「セルリアン」と名付けられた謎の生物も出現するようになり……。

はい、こういうことです(雑)。

まあざっくり言ってしまうと、「動物がサンドスターなる不思議物質で「フレンズ」と呼ばれる女の子になって、いろいろどったんばったん大騒ぎする作品」って感じでしょうか。雰囲気とかは舞台観て頂ければ大雑把に理解して頂けることと思いますので、そこ参照で。

けものフレンズのここがいい

それじゃ次に、「けものフレンズ」の良さをば。

けっこう深く練られた世界観

ある程度アニメ知ってるよ!という方は、まあ「けものフレンズ」という名前くらいは聞いたことがあるかと思います。もしかしたら、「脳死系ゆるふわアニメ」なんていう枕詞も耳にしたことがあるかもしれません。

ですが、実はけものフレンズはそんなにヤワな作品じゃあありません。アニメ版のみならず、旧アプリ版、漫画版、ゲーム「けものフレンズぱびりおん」などなどの他メディア展開にまで広がった、深くて広い世界観を基盤とした作品なのです。

……とまあ、そこまでアツく語ったところで、けもフレ知らない方は「うっわ何言ってんだこのオタク、近寄らんとこ」状態になっちゃうと思うので。まあそんな作品なんだなーってのを覚えておいて頂ければと。

もし気になる方がいたらTwitterあたりで「#けものフレンズ考察班」って調べてみて下さい。半分くらいは的外れなこと言ってますが、半分くらいは結構面白い考察してますので。

あ、「たつき監督が~」みたいな陰謀論はスルーでいいです(てきとう)

動物の習性をしっかりデフォルメしている

次点はコレです。一応自分は生物系のことを大学でやってる人なんですが、その目線からしても「お、これすごいな」って思うくらい、けものフレンズは動物の習性や仕草をしっかり捉えて、作品に落とし込んでます。

例えばこのアニメ版の1シーン。帽子をかぶった「かばんちゃん」というキャラクターの後ろをサーバルキャットのフレンズ「サーバルちゃん」が左右にメトロノーム方式で動いてる、っていう場面です。

コレは落ち着きのない感じを演出しているっていう一面もあるんですが、それと同時に、立体視が苦手であるネコ科の動物が物体との距離を測るため、左右に揺れ動いていろんな角度からモノを見る、いわば三角測量みたいな現象を描写してるらしいんですよね。

まあ、こんな感じで、けもフレって細かいところまで結構頑張ってるんだよってハナシでした。他にもいろいろあるので気になった方はTwitterあたりで以下略。ちなみにネコ科が立体視苦手っていうエビデンスは探したけどありませんでした。理系にあるまじき適当さ。

かわいい

もうここに関しては説明いらないでしょう。キャラがかわいいです。尊いです。以上。雑だとか言われてもかわいいものはかわいい。

あとカップリングが非常に良い。最高。今回舞台に出てきたギンギツネ×キタキツネもさることながら、アニメ版の王道サーバル×かばん、ファン層の厚いアライグマ×フェネックなどなど……。たぶん100くらいは挙げられそうな数のカップリングがあります。

ちなみに僕はカラカル×ニホンオオカミとかアフリカオオコノハズク×ワシミミズクとかが好きです。両方とも結構メジャーなカップリングではありますネ(当社比)。


出典: http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im7697171


出典: http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im6676306

ナッハッハッハw
はーーーーーーーーーー尊い。

けもフレ沼にハマる手順書

お見苦しいところをお見せしました。てことで、けもフレの良さみたいなものを若干お分かり頂けたでしょうか。うん、お分かり頂けましたよね。ね?(圧)

……まあ、所詮ぼくの拙い文章力ではけもフレの良さをお分かり頂けないと思いますし、日本には「習うより慣れよ」なる便利な言葉もあることですし。ということで本題、「けもフレってどうやって入って行けばいいの?」というのをちょいちょいとご紹介します。

あ、でも結構人によってオススメするものは異なるので、あくまで一例ってことにしといて下さいな。

手順1 アニメ版を鑑賞する

まずはコレ。やっぱりここが一番取っつきやすい部分だったりします……ということで最初は、2017年冬春クールにテレ東にて放映されたアニメ版を視聴するのをオススメします。

というのも、なんだかんだ言って一番けもフレの良さを詰め込んであって、かつ簡潔にまとまってるのがアニメ版だったりするんですよねぇ。ちなみに来年1月からアニメ2期も放映されるのでお楽しみに。

あ、一応ここで補足です。さっきから「アニメ版」っていう風に言ってるのは、先述した通りけものフレンズには他にも、既にサービス終了してしまっている「旧アプリ版」、同じく連載終了してしまっている「マンガ版」など、いろいろなメディアミックスがありまして。

それぞれのメディアによって若干世界観とか時間軸が異なったりしてますので、あえてそこを「~版」って感じで棲み分けしてるというイメージです。説明遅くなってスミマセン。

話をアニメ版に戻しましょうか。視聴する方法はカンタン、「あにてれ」というテレ東運営のアニメ垂れ流しサイトに登録してお金を払って見るだけ! 月額(たしか)700円。今回の舞台で売ってるプロマイド1袋より安いので、気楽に登録・視聴して下さいな。

手順2 「けものフレンズぱびりおん」をプレイする

恐らくこの辺りから人によってオススメするものが変わって来たりします。……が、ぼくは「けもフレの深い世界を知ってほしい!」って思う派閥なので、次にコレ、現在絶賛配信中のスマホアプリ「けものフレンズぱびりおん」をお勧めします。

この「ぱびりおん」のいいところは、「ねこあつめ」みたいにすごくゆるゆるプレイできる作品だというところ。一気にドハマりする!っていうものではありませんが、プレイしていくうちにだんだんとけもフレの「深淵」を覗くことが出来る良い作品だと思います。

手順3 二次創作界隈をチェックする

はい、だんだんと異端の道へ誘導していきます(てきとう)。次にオススメするのは旧アプリ版のプレイ動画でもマンガ版でも、他にリリースされているけもフレのゲームでもなく。ズバリ、「Twitterとかニコニコでけもフレ系の作品を漁る」こと。

なぜかというと、今のけものフレンズってぶっちゃけた話、「二次創作に支えられている」作品で、尊さやら感動やらを手っ取り早く得るには二次創作を見たほうがいいんですよ。たぶん他の作品よりもけもフレの場合、この傾向が顕著だと思います。

えっ、オススメはないのかって? うーん……そうですね。そしたらいくつかオススメな作品を貼ってみましょうか。

『われわれ』がはじまる場所(かけきたき) – カクヨム

砂星のひかり(あれくとりす) – カクヨム

けものフレンズ「The way Bag」(イロニアート) – カクヨム

とりあえずこの辺ですかね。自分自身が字書きなので文章媒体が多くなってるのは許して下せえな。あとイラストとかマンガの二次創作は数が多すぎて捕捉しきれてないので、詳しくはTwitterやらニコニコやら参照ってことで、どうかひとつ。

手順4 ここでようやく他のメディア

はい、そしたら最後の手順です。もうここまで来たあなたはすっかりけもフレにハマってることと思いますので(決めつけ)、Youtubeで旧アプリ版のプレイ動画を視聴するもよし、他のゲームやるもよし、あにてれでライブとかを見るもよし。好きにして(ぶん投げ)

まあ、正直これ以上のレベルになると、各々好き好きってなっちゃうんですよね。声優さんが出演してる番組のほうに走る人もいれば、自分も二次創作やっちゃうぞ、考察しちゃうぞって人もいるし、フレンズじゃなくてリアル動物のほうを求めて動物園行く人もいるし。

あ、あとオススメなのは、いろいろイベントとかに参加してみるってことです。けもフレ界隈、一ジャンルに物凄く尖った人が多いので、そういう人と話すの楽しいですよ(自分のコミュ力の無さを棚に上げながら)。

以上!!!閉廷!!!!!

はい、以上とりとめのない話でした。ざっくりまとめると「まずはアニメ版見よう」ってことです。あら不思議、ここまで4000文字くらい書いてるのにざっくり10文字でまとまってしまった。

ということで、以上けもフレ界隈へと引きずり込む記事でした。拙い文章でお目汚し失礼です。乃木オタの人、なんかオススメの曲とか推しとか教えてくれてもいいんですよ(てきとう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)