雑記

「けもフレたつき監督騒動」に寄せて、公式発表がある前に僕が思ったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい数分前に進捗報告上げたばかりだけど、なんか書きたくなった気分なので書きます。
今日の七時か八時くらいに飛び込んできた衝撃的なニュース、「たつき監督がけもフレ2期から降板」。多かれ少なかれ、フレンズの皆さんにはインパクトを与えたのではないでしょうか。

さて、そんなインパクトの中阿鼻叫喚の図になっているTwitterに張り付いて(あるいは自分も少し感情的になって)いろんな意見を吸収して、それから冷静になっていろいろ考えたときに思ったこと。
Twitterっていうたった230文字のツールじゃ書きたいことも書けないなって数十分前に悟ったので、こっちに書かせてもらいます。
まあ暇人の屁理屈と戯言とでも思って、ちょっと見てってください。

「けものフレンズ」は誰のものだ?

ふとタイムラインを覗いてみると、「たつき監督がいないけもフレはけもフレじゃない」みたいな過激的な意見も含め、本当に情報が錯綜してる感じがありました。
そしてその反面、「アプリ版のときもこうだったなぁ」なんて達観している方々もいらっしゃったり、あるいは「俺達もそうだったんだからお前らも黙れよ」みたいな発言もあったり。

恐らくこういった意見って、「なんか自分にとって大事なモノが盗られた(あるいは大事な人から大事なモノが奪われた)」みたいな感情から来てると思うんですよ。
そして、それを既に経験している方々は「けものフレンズってこういうことが起こりうるコンテンツなんだ(そしてそれを踏まえて自分はフレンズが好きだ)」という、熱い想いをお持ちなんじゃないかなぁ、と思ったり。

それではまず、そういう方には一度深呼吸いただいて。いや、割と過激と言うか、めちゃくちゃ冷酷なこと言うのでホント、一旦冷静になって頂いて。
本題に移ります。
果たして、「けものフレンズ」は誰のものなのでしょう?

ちょっと悲しい冷たいおはなし

まず端的に回答します。
ズバリ、「けものフレンズ」は株式会社KADOKAWAの持つ知的財産コンテンツです。そして、吉崎観音さんはあくまで「原案者」であり、たつき監督は「アニメ版監督」に過ぎません。
よってこれらより、KADOKAWAが何しようが(もちろんCSR的な話はあると思いますけど)、あくまで企業の権利を行使し利益追求の元に行った行為であることや、キャンディキャンディ訴訟からも見て取れるように(※1)「原案者」への著作権帰属がなされないことより、正当な企業活動であると言えます。

例えば……そうですね、既にサービス終了しているネクソン版のアプリ「けものフレンズ」なんて槍玉に挙げやすいかもしれません。
サービスの終了は、単純に利潤が得られなかったからだとバカ正直に仮定しましょう。
それでは現在においてはその利潤が得られそうになり、かつ(少なくとも三月末の時点では(※2))ネクソンは意欲的であったにも関わらず、どうしてアプリ再配布のゴーサインが出なかったのでしょうか(ガチャ無料化されてるんだし利潤など出ないじゃないか、という意見があることも知っています。それでは「けものフレンズあらーむ」のように有料化すればよかったのではないでしょうか。少なくとも「あらーむ」より既存のものを使える分投資は少なく、かつ回収も見込めるとは思うのですが)?

答えは簡単です。ネクソンはけものフレンズプロジェクトに投資しておらず、ブシロードは投資していた。ただそれだけなんですよ。
これからも見られるように、会社ってのは時として愛情を注いで開発を行っていたスタッフや企業をバッサリ切り捨て、金を積んだ企業を優先させるもんなんです。
営利企業なんですもの。仕方ないでしょう?

また、この一件に関してですが、たつき監督が「公式な発表がなされる前に自身の降板をツイートしていること」から秘密保持契約の違反および名誉毀損の疑いが、この騒動に伴ってKADOKAWAの株価下落が見られることから損害賠償請求を受ける可能性が出てきています。
更に言うと、このような騒動が起こってしまった以上、最悪アニメ二期の放送が中止になるという事態も考えうることでしょう。

てな感じで、ちょっと悲しいおはなしになってしまいましたが、これが現実……というか権利問題の恐ろしいところ。
どんなに相手が悪者であっても、相手が権利関係さえ抑えてしまえば負けてしまうコトだって往々にある、それが日本の現代社会が持つ現状です。

「けものフレンズ」の今後

さて、そんなお話は(これ以上話すとなんだかボロが出そうなので)パスするとして、これらを踏まえた上で「けものフレンズ」というIPの将来について考えてみましょうよ。

まずアニメ化について。
それではいきなりですが問題です。
たつき監督というトンデモスーパー超人が成り立たせて大人気になるまで盛り上げたけものフレンズ一期。そしてそれを更に越えるクオリティが求められている二期。
そんな二期、ある程度マトモな人間が率先してやりたいと手を挙げるもんでしょうか?

ぼく、答えは「ノー」だと思うんですよね。もちろんやりたい!っていう方もいるにはいそうですけど、元々自らが持っている評判をかなぐり捨てて挑む覚悟でいなきゃいけない上、

・たつき監督の用いた「3Dアニメーション」という方法を踏襲するor視聴者を納得させるクオリティの作画を完成させる(作画の荒さが低予算・3Dという試みだという点で目を瞑られていたところは往々にしてあると思います)
・「たつき監督でなければ……」と言うファン層をそのまま見事に取り込みつつ、自ファンもしっかり納得させるものにする
・過去にたつき監督⇔吉崎観音さんの中で相互に行われてきたやり取りと同様のことをこなし、一期と齟齬の無い、かつ伏線を回収するような続きを創らなければならない(あるいは新しい世界観を構築しなければならない)

これらの条件を満たすようなモノが創れなきゃいけない。
もちろんアニメの監督さんレベルともなれば、どの方でも「いいモノ」を創るという技術においては素晴らしいものをお持ちなのでしょう。
ですが、果たしてそれはアニメ「けものフレンズ」として求められるものなのでしょうか? 僕には分かりません。

今回、たつき監督は自身のツイートで「残念だ」とコメントしています。
ここから読み取れるのは、明らかにKADOKAWAと円満なやり取りが行えておらず、不本意な形での降板となったという事実なんですよねー……。

まあそんな感じでですね。
KADOKAWAさんがある意味クリエイターとの関係をあまり重視しない傾向にあるというのが(過去の経験談含め)分かったわけですが。
それでは、他のコンテンツにもこれと同じことが当てはまりそうだと思いませんかね?

例を挙げるとすれば、これから配布が予定されている「けものフレンズ ぱびりおん」。
ブシロードという大きい母体によるものなので、そうそう企画倒れ……ということはなさそうですが。
例えば、KADOKAWAの「意向」で開発責任者・デザイン担当者が水面下で変更となって立ち行かなくなったり、吉崎さんの介入がだんだんと阻害されてしまうことで全く違う世界観になってしまったり。
どうです、容易に考えられませんか?

なにがいいたいってさ

さて、まあこんな感じで屁理屈をこねさせて頂いたわけですが。
じゃあ結局何が言いたいって、「別に面白いからいいじゃん」ってことなんですよ。
バカにしてるとかじゃなくてですね、ホント単純に「キャラクターが可愛いからけものフレンズはいい」「世界観が深いから好き」でよくない?ってお話し。
こーんな社内政治みたいなこと鑑みて、CSRだとか考えて、楽しいんですかねぇ(ブーメラン)
まあ、流れに身を任せつつ楽しみましょうや。ねぇ?

まあもし、それでも「たつき監督が至高で最高でオンリーワンでナンバーワン!」っていう初志貫徹な方がいらっしゃったら、株主にでもなるか抗議文をしたためる等すればいいのだと思います。
そういった熱い思いが動かすものもあるのでしょうし、僕にそれを否定することなんて出来ませんから。ほら、「のけものはいない」でしょう?

ただ、自分としては周りが熱くなってしまっている反面、少し冷静にならなきゃなって思いまして。
いち「けものフレンズプロジェクト」ファンとして、理性的に物事を考えるよう努めなきゃいけないなぁと思った所存なのであります。
ということで、あまりまとまりの無い文章はおわり。

ちょこっと補足(9/26 8:22)

一個書き忘れてた。
「KADOKAWAがたつき監督の身体を慮って降ろした説」について。これはないと勝手に自分の中では思ってます。
そういう思慮の意向を企業側が示したとき、果たしてれっきとした良識ある社会人なたつき監督が、「残念だ」なんて言いますかね?
「大変遺憾である」を文字通り捉えては真の意味が伝わらないように、これもおんなじようなことだと思うんですけども。どうでしょうかね。

あと、「ヤオヨロズとKADOKAWAの対立によりたつき監督が降りることになった説」。これに関しては……半信半疑って感じですかね。
もしもそうだったとしたら、まずヤオヨロズのほうから公式な声明が出そうな気もするんですけども……、なんだか信用できそうな感じの内部リークがあったりもするし(※3)。
うーん、わからん……。

ま、とりあえず今日中には公式から何かしら動きがあるとは思うので、それ待ちます。

※1)「キャンディキャンディ訴訟を振り返る – 趣味は検索(http://b8270.hateblo.jp/entry/20151018/1445151600)」
※2)「『けものフレンズ』アプリ再開はある 運営元ネクソンに聞く – ITMedia(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/30/news093.html)」
※3)「けものフレンズ 1206匹目 [無断転載禁止]©2ch.net(https://itest.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1505927398/148)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Tech より:

    カナワコーポレーションは、昔日本語版が出版されていた Torg というTROG に登場する架空の企業(とそのなりきりアカウント)ですよ。
    ※後でこのコメント削除しても OKです。

    1. やぎこちゃん より:

      ほへぇ、そうでしたか……
      ご指摘ありがとうございます、修正のほうさせて頂きます><

  2. Tech より:

    TROG → TRPG です。

  3. たつきファン より:

    結局、たつきファンがけもフレを盛り上げてたんだよなぁ・・・
    たつき監督を切ったことでそのファンまで切ってしまったと。

    たつきのいないけもフレは楽しいか?

    1. やぎこちゃん より:

      割と最近けもフレ関連については足を洗ってる部分が大きいのでアレではあるんですが、
      すみません、正直めちゃくちゃ楽しいと思います……w

      監督1人いなくなっただけで面白みが無くなるほどヤワなコンテンツじゃないですよアレ。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)