雑記

センター試験前日なので、諸注意みたいな話を書いていこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やったねたえちゃん、センター試験前日だよ!

ということで、ついにこの日がやってきてしまいました。1月12日です。センター前日です。そして明日には当日となります。
とどのつまり、あと70時間後くらいには自分の点数がもう決まってしまってるわけですね。時とは不思議なものです。

さて、何が言いたかったのかさっぱり分からない前置きは早々に切り上げるとして。
自称「日本で一番勉強してない受験生」こと私が本日お送りしたいのは、「センター試験を迎えての心構え」とか「前日~試験時の過ごし方」とか、そういう類のアレです。
これは完全に私感なんですけど……、試験ってのは実力7割・運2割・その他1割って感じに点数が決まるもんなんじゃないか、なんて思ってるフシが僕の中にはありまして。
でもって、まあ受験人生も終局を迎えるということで、どうせなら僕の中にあるその1割を伸ばす方法というかメソッド的なのを少しだけでも皆さんにお伝えできたらなぁ……と、そう思ってこんな駄文を書いてるわけでございます。

……本音を言うと、ツイ禁のお陰で飛び出て来そうになっている、ドロドロした内なるものを発散してるだけなんですけども。流石に1日16時間勉強はキツい。
あと、バズったらいいなぁみたいな思いもほんのちょっとあります。#拡散希望。

それじゃあ本題に移っていきましょうか。僕の「楽して点取ってやるぜヒャッハー!」なメソッド、是非ともご活用下さい。
たぶんセンター試験とかに限らずとも、二次試験前とか学校の定期試験とか、あとは資格試験とかそういう系のモノにも案外使えたりすると思います。
上から思いついた順にバシバシ書いて行ってるので、時系列とかはメチャクチャです。まとまりもありません。頑張って着いてきてね。

早寝早起き

まず第一にコレです。一に睡眠、二に睡眠。三四がなくて、五は以下をご参照の程。いやホント、それくらい睡眠は大事ですよ。

試験前日はちょっとぬるめなお風呂に浸かってリラックスしたのち、最低でも6時間は寝てください。もしくは7時間半。9時間は寝すぎて逆に頭働かなくなると思います。
寝る時間と起きる時間、キッチリ計算して睡眠時間を確保しましょう。寝る時間は1時間半単位がいいらしいです。
人間ってのは不思議な生き物で、寝なくても生きては行けるものの、パフォーマンスはがた落ちしてしまう傾向にあるらしく。頭をフルに動かしたいのであれば、まずは寝ることらしいです。
ということで、まずはキッチリ寝ましょう。いいですね?

でもって、試験当日は朝5時、少なくとも6時までには起きるようにしましょう。人間の脳は睡眠から完全に目覚めて本調子になるまで、早くてもだいたい3時間くらいはかかると言われていますので、まあ試験開始の時刻を考えればそんなもんでしょう。
そんなのムリ!っていう人はご両親に頼むか、無理やり何個かアラームかけて無理やり布団から這い出て、熱めのシャワー浴びて目を覚ますといいんじゃないでしょうかね。
二度寝は厳禁です。そんなことするくらいなら散歩するとかコーヒー飲むとかしましょう。カフェイン大事。

糖分を摂れ

頭を動かすためにはエネルギーが必要です。脳にとって一番のエネルギーは糖分です、特にブドウ糖です。ということで糖分を摂りましょう。当日の朝食と試験受験中は必須です。
コンビニに行くと、緑色のちっちゃいボトルに入ったブドウ糖配合のラムネがお菓子売り場に78円とかで売ってますので、朝それを買ってボリボリ食べながら試験会場に行くと良いと思います。

試験場には早めの到着を心がけよう

大雪、電車の遅延、不慮の事故etc……。
何が起こるか分からないのが試験の怖いところです。どんなに東大に受かるくらい頭がいい人でも、センター受けられなければ普通の駅弁大学にだってサクっと落ちます。
ということで上で書いたように朝早く起きたら、家で単語帳見て足掻いたりするんじゃなくて、なるべく早く家を出ましょう。でもって、会場の近くにある喫茶店とかで優雅にお茶してましょう。二度寝予防にもなります。

勉強はそこそこに切り上げて諦念を持つ

何言ってんだお前と言われそうですが、コレも心の余裕を持つという意味では結構大事だと思います。
もうどうせここまで来ちゃってるんですし、この際すっぱり諦めましょう。でもって好きなゲームとかマンガとかアニメとか楽しみましょうよ。
ここから何か詰め込んだところで、すぐ頭からポロポロ零れていっちゃうことくらい自明でしょ?
そしたらほら、リラックスして本番に備えたほうが全然いいと思いません?
まあ所詮、受験はただの受験であって、大学に入るための登竜門に過ぎません。大丈夫大丈夫、大学落選を機にライター業始めるような人間もここにいるんだから。

ちなみに僕の現役時代の場合、センター試験は女装して受験しました。えへへ。
某あの花のめんまちゃんコスでした。友達に撮ってもらった写真がどっか行っちゃったのが残念なところ。
あっこら、そこ、石を投げないの。あとページ閉じないの。こっからが良いトコなんだから。

まあそこまでしろとは(下手したら公然わいせつ罪で捕まるし)言いませんが、ある程度諦めを持ちつつ、自分のこれまでの頑張りを信じてエイヤっと臨むことも大事ですよ。
もし「ちょっと不安だし、見直ししておきたい……」って言うのであれば、当日朝に喫茶店でちょこっと単語帳開くとか、そのくらいで良いと思います。
間違っても当日の朝に過去問解いたりするなよ。不安で死ぬぞ。

見直しをきっちりすること

試験本番のときのお話です。たいていどんな人にも1ミスか2ミスはあるものなので、必ず見直しをしましょう。
ホントなら1回解き終わった後、もう1回解き直すくらいの勢いで見直しして、最後に記入漏れとかマークミスがないか確認する……って流れが一番いいんですけども、センターって時間との勝負だったりもするので、そんなこと出来ないことのほうが多かったりもして。

なので、少なくとも各大問が終わった後、「マークミスが無かったか」「選択肢の番号をずらしてないか」「早とちりして『適切なもの』と『適切でないもの』を見間違えてないか」の3つだけは必ずチェックするようにしましょう。センター三大ミスがコレだと勝手に僕は思ってます。
ホントにその問題が分からなくて間違えたならある意味仕方ないですけど、ミスで点落とすとかなりモチベーションとかテンション下がりますんで、この点はしっかりお間違えなく。
あと余談ですが、2つの選択肢で間違えたときってたいてい最初に正解だと思ったほうが合ってるらしいですよ。ご参考までに。

焦るな急げ

日本語力の危機なのだー!
いやいや、焦ると急ぐは全く違う意味だよアライさーん。

ということで、上でも書いたようにセンター試験ってのは時間的にメチャクチャカツカツなテストなわけですけども、まあそれでも焦っちゃダメだよというお話でございます。
いくらカツカツだとはいえ、どっかで躓いたり立ち止まったりしなければちゃんと全部解き終わるように作られてるので、焦って変なミスしないようにお気をつけて下さい。
分からなかったら飛ばして後回しにしましょう。後回しにすると問題を捨てるはノットイコールですんで大丈夫です。
ただ、変にのんびり構えすぎてもダメなので、まあまあ急ぎつつやってみてください。

カフェイン大事

翻って、また試験前の心構えに話を戻します。カフェインはしっかり摂っておきましょう。
ほら、試験会場って結構暖房効いてたりするじゃないですか? しかも、それが汗ばむくらいならまだしも、めちゃくちゃ快適な温度になっちゃってたりすると…………怖いことに、あなたの後ろに睡魔が忍び寄って来ます。
ひとたび眠い!と思ってしまったらそこがあなたの終わりです。所詮我々も人間、三大欲求にはどんな強固な意志も勝てっこありません。
ということで、眠くならないためにカフェインを事前摂取しておきましょう。コーヒー、レッドブル、錠剤……。なんでもいいです。とにかくカフェインを。
あと、カフェイン摂ったらトイレ行くのをお忘れずに。睡魔ほどではないにしろ、トイレ行きたい欲を堪えながら問題解くのもなかなかキツいものです。

ゆうごはんのはなし

カフェイン連呼なド不健康トークのあとは、結構健康的な話に移ります。前日に食べる食べ物の話。
よく試験に勝つためにカツ丼!なんて話あるじゃないですか。あの辺どうなのさって話です。

ホントはカツとかの脂っこいものってお腹にはあまりよくないんですが、一生懸命料理を用意してくださっているご両親の手前、食べなきゃなぁ……ってのもあったりしますよね。というか、高校生やら浪人生やらがその日の夕食をどうこうってなかなか出来ないじゃないですか。
そういう時は、まあ仕方がありません。目の前の食べ物に感謝しつつ、黙って食いましょう。ただ、バカ食いはNGですのでそこだけ注意。腹6分目くらいにしときましょうね。
もし夕食の献立が選べるのであれば、野菜中心に和食で攻めていけばいいんじゃないかなと思います。

んでもって、夕食である程度腹を満たしたら暖かい飲み物(カフェインなしが望ましい)をかっ喰らって、あとは風呂入って寝る。
夕食の献立うんぬんよりも、お腹を冷やさずに睡眠取ることが何よりも大事だと思います。

あさごはんのはなし

当日の朝に食べるご飯の話です。まあこの辺は上の繰り返しになってしまいますが、基本食べる量さえきちんと調整出来てれば、あとは何食っても基本いいと思います。
あ、ただし糖分を多めに摂ることは忘れずに。ただし、多く摂りすぎても眠くなっちゃうのでそこはお気をつけて。個人的にはバナナ1本食べておくくらいが間違いないんじゃないかと思ってます。

妄想しよう

何言ってんだお前シリーズ、パート2。妄想しましょう。
とはいっても、好きな女の子とかアニメのキャラとかAV女優と○○する話とかじゃないです。じゃあ何かって言うと、高得点叩き出してる自分の姿を妄想しましょう。
これは勝手な私見なんですけど、なんとなくポジティブシンキングって良い結果を引き寄せることが多い気がするんですよねぇ。あと、周りの人を幸せにします。
てことで皆さん、レッツ妄想。

マーク式を有効活用しろ

また話は飛んで、試験の中身な話。
センター試験って変な試験で、解き方がわからない問題でも消去法&あてずっぽうで答えが出せちゃったりするんですよね。
例えば数学2Bの数列の問題とかだったら、無理やり何個か数字を代入して第4項くらいまで出して、あとは適当に所定の欄の形に合うようにマークしていったりとか。
角度を求める的な問題だったら、とにかくπ/3とかπ/4とかその辺書いておけば当たっちゃうとか。
英語だったら、道徳的とか人間的ににどうよみたいなな選択肢を片っ端から外していって、あとは二択に持ち込んでいけたりとか。
もっと言えば、選択肢の番号では2と4の出現率が結構高いとか。
その辺、いろいろググってみると出てくると思うんで、試験前の息抜きとでも思ってイロイロ調べてみてください。

以下追記。

選択科目間違えるなよ

 
マーク塗りミスも解く科目自体のミスも両方共気をつけて。
特に数学で1と1Aとか。ラスト20分とかで気付くと絶望に駆られますよ。

落ち着け

ただの読解問題とかグラフ問題とか、全くの知識無しで解ける問題が理科社会にはあったりします。
落ち着いて解けば必ず正解するので落ち着いてください。

トイレ行けよ

腹痛で死ぬのはまあまあキツいのでトイレはこまめに行きましょう。

ガム噛むといいよ

脳に血流が行きやすくなるとかなんとか。眠気防止にもなります。

早く寝ろ

大事なことなんでもう一度言います。
夜は早く寝ろ。
 
 
 
んー、このくらいかなぁ。また思いついたら逐一追加していきます。
皆さんが良い得点を取れるように願ってますんで、皆さんも僕が良い点数取れるように願っててください。
それじゃ、またTwitterででもお会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)