PCゲーム

「見上げてごらん、夜空の星を」プレイ感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エロゲネタです(受験生並感)。

二月か三月くらいに買って積んでいた、Pulltopの「見上げてごらん、夜空の星を」。
受験失敗やらなんやらといろいろバタバタしていたため放置してしまっていたのですが、ここ一ヶ月ほどで細々とプレイし、ようやく全シナリオ完了いたしましたのでここにご報告させていただきます。
一応ネタバレしない範囲で書いていきますので、安心してお読みください(笑)
・シナリオ分岐
共通ルートのあと、ひかり、沙夜、織姫、ころなルートの4つに分岐します。
選択肢等に関してはこちらのサイトを参考にプレイさせていただきました。
おすすめ攻略順は、織姫→ころな→沙夜→ひかり。
僕自身この順番でプレイしたんですが、適当に選んだ順番が見事にハマッてくれました。少なくとも、ひかりルートはまさにメインルート!って感じなので、最後に持ってくるのをおすすめします。
……女の子呼び捨てに出来るのって二次元の特権だよね
・各シナリオ感想
プレイ順に書いていきます。
【共通ルート】
最初の最初からガツンと引き込まれました。
色とりどりの夜空の星が緻密かつ鮮明に描かれたグラフィック、天文知識ゼロでもちゃんと話についていけるよう配慮されつつも繊細な心情まで細かに綴られたシナリオ、個性的かつ博識ながらも高校生特有の甘酸っぱい感情をしっかり兼ね揃え、プレイヤーを魅了するキャラクター。
萌えゲーアワード準大賞はやっぱり伊達ではありませんでした。
共通ルートではさまざまな過去を匂わせつつも、各方面へのフラグ立てを忘れない主人公が素敵でした。こういう青春が送りたかった(遠い目)
【織姫】
端的にいえばエロ担当。いやもう大人の魅力がヤバイです。特に胸の辺りとか。
最初はウブな織姫ちゃんをだんだん淫乱にしていく過程、これこそエロゲの醍醐味ではないでしょうか。何度宙見暁人を爆発させたかったことか。
ちなみにとある友人はこのお方にハマってしまい、そしてエロゲ廃人となって行きました。
シナリオ的にはとにかく織姫ちゃんが突っ走ります。ひたすらに前を向いて突き進みます。そんな織姫ちゃんがかわいいです。
【ころな】
端的にいえばエロ担(ry いやもうロリの魅力が(ry 特に胸の(ry
雑食系男子のぼくとしてはころなちゃんも捨てがたい。いやまあみんなかわいいんだけど。
ころなちゃんは他の子よりも積極的なタイプです。具体的に言うと、他のヒロインよりひとつエロシーンが多いです。
流れとしては性的な方面と同じように、新しい悦び(意味深)を見つけていく感じです。こういう夜の楽しみ方(意味深)もあるんだなぁと、新しい発見をさせられました。
【沙夜】
扱い的にはひかりと同じくらいなのに、シナリオの質から言ってサブヒロインと言わざるを得ない不遇っ子。
いや、沙夜ルートもすばらしい完成度なんですよ? ただ、ひかりルートに比べるとくすんじゃうよね……っていう。
彼女の特徴は、なんと言っても双眸に輝くアルビレオ。過去にはそのせいでつらいこともたくさんあったことでしょうが、沙夜ちゃんの優しさはそういうところから来ているのかもしれません。
まとめますと、とにかく沙夜ちゃんかわいいですprpr。末長くお幸せに。
【ひかり】
文句なしのメインヒロイン。
最初は「てめえ沙夜ちゃんに譲れやコラ」みたいな感じですが、きっとプレイし終わる頃には「ひかりちゃん尊い」みたいになってるはずです。ソースはぼく。
まさに青春モノ、十代の喜怒哀楽が詰め込まれているようなシナリオでした。
たぶんどのルートよりも一番壮大に描かれ、かつ一番大団円で締められるルートだと思います。特にラストシーンは感動もの。先行き真っ暗なぼくには深く染み渡るエンドでした。
・総評
すばらしいゲームでした。基本ぼくは友人から薦められたorネットで高評価なエロゲしか買わないんですが、その中でも飛びぬけて良ゲーと言っても過言ではないかもしれません。
どのくらいかと言うと、全く天体に興味のなかったぼくが、毎晩コーヒーを淹れてベランダで夜空を見上げながら物思いにふけってしまう程度のものです。
ここまでドはまりしたのは、「Kanon」「あの晴れ渡る空より高く」以来のものかもしれません。あ、この二作もほんとオススメなのでぜひ。
そんな「見上げて」ですが、特筆するべきは夜空の描写。専用のエンジンを使っているようで、星のひとつひとつまでが細かに映し出されています。ここが従来の天文系エロゲとは一線を画したところではないかと。
また、幼馴染という設定をフルに活かしきっている作品でもあると思います。交差する感情だったりとか幼少期と現在とのギャップだったりとか、過去のエピソードだったりとか。
青年期特有な感情の機微や、恋愛感情と友情のジレンマなど、とてもキュンキュンさせる要素が満載な作品でした。
ファンディスクのほうも入手したので、そちらのほうも後日プレイする予定です。
アペンドパッチもGoogle先生に聞いて無事入手できたため、ひなみんルートも攻略予定。やったね!
ということで、本日はこれにて。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 高野優磨 より:

    ひなみんルートのパッチが見つからないのですがどこにありましたか?
    かれこれ3時間程、英語や中国語で調べているのですが見つかりません。
    どうかヒントだけでも教えていただけないでしょうか。
    お願いします。

    1. やぎこちゃん より:

      先ほどメールさせて頂きました~。ご覧下さいまし。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)